バンコクのカフェ、ランチ、雑貨、美容院情報いっぱい

ワキサカコウジ

キサカコウジのなりゆき観光コラム「こんつわバンコック」 〜RCAでゴーカートに乗る〜

子供の頃、遊園地でよく乗ったゴーカート。大人のように車を自分でコントロールできることが嬉しかったのです。まさかその数十年後、車どころかお小水のコントロールもおぼつかなくなるとは思わなかったよね。
というワケで、今回はリハビリも兼ねて久しぶりのゴーカート体験をしてきました。

向かったのはRCAプラザの2階にある「Easy Kart.net」。フロア全体を使用した広い屋内カート場です。
まずは受付で初心者向け(160cc ・最高速35Km)か中・上級者向け(200cc ・ 最高速55Km)かを選択します。他のお客さん達と一緒にレースをする形式のようですし、以前調子に乗ってスキーの上級者コースに登ったら、怖過ぎてそのままリフトで降りた事があるので(お腹が痛いフリをしたよ)、ここは恥をかかぬよう初心者向けをチョイス。
お値段は1レース(8分)で600B(約2千円)でございます。単純に40分で1万円と考えれば、ちょいとお高めなキャバクラのようですが、確実に「乗れる」という点では、こちらのほうがいいかもしれません。(意味の分からない子は周りの大人に聞いてね)

さて、その後ヘルメットを借りたら、注意事項の説明も特になく、すぐにコースへ出られました。タイはなんでも手続きがいいかげ……スムーズですよね。
スタッフさんに促され、いざ乗車。なんだか車体がガソリン臭いけど、寝起きのおじさんの息よりは全然ましなので我慢我慢。やはり子供の時に乗ったゴーカートより本格的な感じでワクワクします。

ここでレーススタートの合図があり、おそるおそるアクセルを踏みこみました。ググッと加速する車体。うわぁ、シートポジションが低いので思ったより体感速度が速い!最初のカーブでブレーキングを試す。キキーッつって。そしてアクセルを踏みこんでトップスピードへ。
おぉ、後方は誰も付いてこないぞ……断トツのトップやないかチミ!
……ってそりゃそうでしょうね、

お客さんが僕だけなんだもの。


写真を撮ってくれたスタッフさんに勝利の喜びを伝えたいです


たまたまお客さんがいない時間帯だったのか、はたまたココが寂れているのかは知りません。とにかくおじさんがたった1人で、はぐれたマグロのように周回しているのです。きっと止まったら死ぬよね。

やがて8分間のレースタイムが過ぎ、スタートラインに戻ってくると、スタッフの方が虚空を見つめながらチェッカーフラッグを振ってくれました。

圧倒的な独走が出来て良かったです。みんなはお友達と行ってね。


wakki_face ワキサカコウジ
武蔵野美術大学卒業後、イラストレーターとなり、各種媒体にて活躍。「週刊文春」「MEN’S CLUB」といった雑誌での挿絵連載の他に、近年では雑誌「an・an」でコラム連載を持つなど、執筆活動も行う。鳥を見るのが好き。
ワキサカコウジのブログはこちら

フリコピ無料郵送申し込み bangmeshi

CURRENT PROMOTIONS

SEE MORE

RECOMMEND

フリコピ88号 2018年9月15日発行

BLOG CATEGORY

POPULAR POSTS