バンコクのカフェ、ランチ、雑貨、美容院情報いっぱい

バンコク駐在妻の日々つれづれ

初めての川エビ釣り。バンコク駐在1年生Yuriです。

こんにちは!
夫の海外赴任に帯同し、タイ バンコクで暮らしているYuriです。

2018年6月からタイ バンコクでの駐在生活をスタート。
約1年が経ちました。

タイに来るまでは、タイはもちろん海外には縁(興味)がなかった私。

家族や友だちには「いいな~。良い生活できるね!駐妻うらやましい~!」なんて言われ、Instagramやインターネットで #バンコク 駐妻 を検索しては、どんな生活が待っているのか楽しみになったり、不安になったり。

そんな私がタイ バンコクで1年過ごして気付いたことは特別な楽しみ方をする必要はなく、自分なりの楽しみを見つけて、自分らしく過ごすことが1番ということです。

このブログで綴っていくのは平凡な駐妻の日常生活ですが、今後バンコクに駐在予定の方、タイ旅行を計画されてる方にとって、少しでも役に立つ情報があれば嬉しいです。
=====================================================

先日、はじめて川エビ釣りに行きました!
といっても川へ行くのではなく、川エビを釣って食べることのできるお店です。

夫の同僚が釣り好きということでアテンドを兼ねて、川エビ釣りディナーへ。
この川エビ釣り、駐在員にはお馴染みらしいです。
エカマイ地区から車で30分ほど。
「えびのつりぼり」に到着。
お店の中央には大きな生け簀があり、中にはたくさんの川エビが。
入店したらすることは一つ。
釣り竿とエサを借り、のんびり川エビ釣りを楽しみます。
飲み物片手に、ぼーっとしながら、ただただエビが釣れるのを待つ。
仕事に加え、出張者アテンドと毎日忙しい駐在員にとっては癒しの時間になるのかも。
つりぼりの良い所は、初心者でも簡単に釣れることです!
店員さんが、エサ付けもしてくれるので(女性だけかも…)
女性や子どもでも安心して楽しめると思います。


4人で3kg強の川エビを釣り、ディナータイムへ!
釣った川エビをトムヤムクンや揚げ焼きなどに調理してもらいます。
焼いた川エビは、店員さんが一匹ずつ丁寧に剥いてくれ、至れり尽くせり。
川エビ料理とドリンク代合わせて、一人当り1,000Bでした。

バンコクで一般的なタイ料理屋での食事が物足りなく感じ始めたら、一度行ってみてはいかがでしょうか^^
えびのつりぼり
TEL:02-158-9300
エカマイ地区から北へ、車で30~40分

Googlemap

bangmeshi

CURRENT PROMOTIONS

SEE MORE

RECOMMEND

フリコピ99号 2019年8月15日発行

BLOG CATEGORY

POPULAR POSTS