バンコク暮らしに役立つ!
カフェ、ランチ、雑貨、美容院、生活情報満載

特集バックナンバー

タイの旅する劇団「リゲー」①リゲーと、それを支える団員たち

派手なメイクとギラギラの衣装に身を包んだ役者たちによる大衆劇リゲーは、タイの人々にとって身近な娯楽の一つ。その歴史は古く、中東からタイへと伝わったイスラム教の詠唱が起源と言われています。布教の過程でタイの伝統舞踊と混じり合い、その後、宗教的な要素が抜けて、現在のようなエンターテイメントへと発展してきました。

笑いあり涙あり、美しくも毒々しいリゲーの舞台は、目まぐるしく場面を切り替えながら、深夜までノンストップで進行します。リゲーには台本がないので、役者たちは口承されるストーリーをもとに自分でセリフを考え、舞台上で役に息を吹き込んでいきます。ピーパートと呼ばれる音楽隊の生演奏に合わせて、歌い、踊り、韻を踏みながらセリフを紡いでいく様子はまさに職人技!

今夜、公演を行うタウィープ・チャイナロン・ウォンテーワン劇団は、タイを代表するリゲー劇団です。トラック6台に舞台装置や衣装を詰め込み、100人の団員とともにタイ各地を巡業しています。明日はナコーンパトム県、明後日はノンタブリー県、月末には異国バーレーンへ……。家族のように寝食をともにしながら旅を続ける劇団の舞台裏に密着しました!


※カナ表記では慣習的に「リケー」とも表記されますが、フリコピでは原音に近い「リゲー」と表記します


劇団員は総勢100人! まるで大家族のようです!

表舞台に立つ人も、バックステージを支える裏方さんたちも、チーム一丸となって一晩のショーを作り上げます。その個性あふれる団員たちの素顔を少しだけ紹介します♪

運転手:タッサナイさん(38歳)

staff1 「本拠地のチャイナート県からトラックを運転して来たんだ。運転だけじゃなくて舞台の設営も手伝うよ。かかる時間は2~3時間くらいかな。子どもの頃はリゲー役者をやってたんだけど、今は裏方専門さ。」

音楽隊:チェーさん(26歳)

staff2 「音楽隊は全部で8人で、僕はクルイ(笛)の担当。小さい頃から演奏するのが好きで、大学ではタイの楽器とラムを専攻しました。会社員みたいに毎日決まった時間に出社しなくていいところが性に合ってます。」

音響:ヌーさん(41歳)

staff3 「この劇団で働いてもう20年以上になるかな。仕事で大変なのは雨が降ったときさ。びしょ濡れにならないように機材に布をかけて上演するんだ。でも、いろんな県に行けるしお寺参りもできるからいい仕事だよ。」

リゲー役者兼衣装:ジュムさん(35歳)

staff4 「父も母もリゲー役者でした。私はこの劇団で女優をやりながら、他のリゲー劇団の衣装縫いを請け負っています。今作ってるのは衣装の羽の部分。ミシンを使うこともあるけど、細かい装飾は手で縫うことが多いです。」

リゲー役者:ソンバットさん(50歳)

staff5 「17歳で役者になって、昔は主役をやってたけれど、今は主役の女優をいじめる役よ。ジョーカー役の男優と一緒にお客さんを笑わせるの。大変なのは、たまにお墓の横で寝泊まりしなきゃいけないことかしら。」

ダンサー:ヌーイさん(24歳)

staff6 「公演が終わるのは夜中だからいつも寝不足だし、新しい曲を覚えるときは朝5時から練習して夜には本番なんてことも…。でも、踊ってるときはとても幸せ。公演がない雨期の間はタバコを巻く内職もしてるの。」


たくさんの人に支えられてリゲーの舞台は作り上げられているんですね!みなさん自分の仕事に誇りを持っていて、リゲーを愛する気持ちが伝わってきます。

CURRENT PROMOTIONS

SEE MORE

RECOMMEND

と暮らす2号 2019年11月15日発行

BLOG CATEGORY

POPULAR POSTS