バンコク暮らしに役立つ!
カフェ、ランチ、雑貨、美容院、生活情報満載

街のあれこれ比べてみました

街のあれこれ比べてみました
第5回 コブミカンシャンプー

紫外線や湿気で髪はパサパサ、頭皮はベトベト…、バンコクに住んでいると気になる髪の健康。
髪と頭皮を健康に保つコブミカンシャンプーが気になっているものの、どれを購入すればいいのか悩む方も多いのでは?
今回は、定番からサロンブランドまで、人気のコブミカンシャンプーを実際に使って比べてみました。。

目次

1.  Kaff & Co.
2.  Khaokho Talaypu
3.  bsc
4.  Boy Bathroom


1.  Kaff & Co.

KAFFIR LIME
Essential Oil Shampoo


有効成分をギュッと閉じ込めた、コールドプレス製法のコブミカンオイルを使用したシャンプー。もっちりとした濃密な泡なので、洗髪中の髪の摩擦も気になりません。洗い上がりがしっとりしているので、ドライヘアの方にオススメ。アロエ入りのコンディショナーと併せて使うと、一層効果的です。
購入場所:レモンファーム(トンロー・ソイ2)
価格:215B
ブランド創業者はタイ人の若いカップル。病気のため抜け毛がひどくなってしまったことから、チェンマイ大学の教授や薬剤師と共に開発した製品です。自身の経験から、シャンプーに含まれる成分はもちろんのこと、素材選びも徹底。他にも、ジンジャーを配合したコブミカンシャンプーをはじめ、高クオリティなプロダクトを提供しています。

2.  Khaokho Talaypu

HAIR nurture
Leech Lime Herbal Hair Shampoo


常夏のタイに嬉しい、さっぱりとした洗い上がりが人気のシャンプー。男性のファンが多いのも納得です。他にもアロエやチアシード、バタフライピーやマカームディークワーイといっ た、タイならではのハーブを使用したシャンプーもラインナップ。お求めやすい価格なので、いろいろ試してみては?
購入場所:レモンファーム(トンロー・ソイ2)
価格:75B
パラベン、シリコン、香料、着色料、SLS/SLES不使用を掲げる、1987年設立の老舗自然派ブランド。ペッチャブーン県に研究施設を設け、独自の開発を行っています。シャンプー以外にも、石鹸やスキンクリームといったさまざまなプロダクトを取り揃えているので、ラインで揃えて楽しめるブランドです。

3.  bsc

Falless
KAFFIR LIME Shampoo


コールドプレスで抽出した、コブミカンオイルのフレッシュな香りが特徴的なシャンプー です。お風呂場に充満する爽 やかな香りで、アロマテラピー 効果も◎。地肌までスッキリ と洗い上げます。髪のPHバラ ンスを保つ効果があるので、艶 やな髪が持続。特に痛んだ髪 用の「エクストラソフト」もあり。
購入場所:TOPS(トンロー・ソイ4)
価格:160B
日本ではおなじみの「LION」と、タイ大手「サハ・グループ」の合弁会社による「FALLESS」。タイ人で知らない人はいないというほど、タイではポピュラーなブランドです。開発にはチュラーロンコーン大学の研究者が携わり、その品質は確かなもの。コンビニエンスストアにも売っているので、気軽に購入できるのも嬉しいポイントです。

4.  Boy Bathroom

SIGNATURE
Refined Shampoo No.3 KFLM


ヘアサロンならではのこだわりが随所に感じられる、スカル プケア効果のあるシャンプー。コブミカンの果肉と果汁入り のきめ細やかな泡で、髪をや さしくスッキリと洗い上げま す。オリーブオイル由来成分 が髪の潤いを保ち、健やかな 髪へと導きます。トリートメン トやヘアワックスなども用意。
購入場所:Rikyu(スクンビット・ソイ32)
価格:950B
東京に2店舗、バンコクに2店舗のヘアサロンを構える「Boy/Rikyu」スタッフのプロデュースによる、タイ国産のナチュラルプロダクト。天然成分にこだわり、エッセンシャルオイルをはじめとした素材は、世界中からセレクト。ココナッツエキストラバージンオイルは、オーガニックで育てられたタイ産のココナッツを使用しています。PVP、パラベン、シリコン、合成着色料は不使用。

CURRENT PROMOTIONS

SEE MORE

RECOMMEND

と暮らす6号 2020年3月15日発行

BLOG CATEGORY

POPULAR POSTS