バンコク暮らしに役立つ!
カフェ、ランチ、雑貨、美容院、生活情報満載

街のあれこれ比べてみました

街のあれこれ比べてみました
第4回 クイッティアオ

タイの国民食、クイッティアオ。
ゆでた米麺にスープをかけ、具を載せるだけのシンプルな調理法ながら、お店によって味の個性が表れる 奥深い一品。
麺はセンミー(極細麺)、センレック(中細麺)、センヤイ(平麺)、ギヤムイー(短くて太い麺)などから選べるので、ぜひ自分好みの組 み合わせを見つけて下さい。


目次

1.  クイッティアオ・ペット・ テンラバム
2.  ルンルアン
3.  セーウ
4.  ワッタナーパーニット


クイッティアオ・ペット・ テンラバム



アヒルで出汁をとり、シナモンや八角などのスパイス数種と共に3~4時間煮込んだスープは、コクがあるがくどくない 。あっさり味に仕上げているのは、お客さんが自分好みの味付けができるようにするためだそう。具のアヒル肉はとても柔らかく、レバー、胃袋などのモツも臭みが全くなく食べやすい味です 。

おすすめの麺はセンレック(60B)
創業39年、店名はタイ語で“踊るアヒル麺”という意味。 店主がたくさんの注文に応えるために調理の動作を型化し たところ、まるで踊っているように見えたことからつけられたのだそう。アジアを中心に海外からの観光客も多く、メニューには日本語表記もあります。屋内の席にはクーラーあり。近々、隣のソイに移転するそうです。エムクオーティ エのフードコートにも出店しています。
SHOP DATA
TEL:089-457-9722
住所:1222-3, Rama 4 Rd
営業時間:7:00-17:00
定休日:なし

ルンルアン



酸味と辛味の効いたトムヤムス ープに、具はつみれ、豚ミンチ肉、腸、ハツとバリエーション豊か。トッピングのナッツが味のアクセントになっています 。別注文のナンパーコー(魚の皮を揚げたもの)を載せて食べ るとサクサクした食感と香ばしい風味が加わります。辛さ控えめの注文も可能です 。

おすすめの麺はギヤムイー
(60B/Mサイズ)
初代が移動式屋台で創業して以来55年、タイ語で“豊富”を意 味する「ルンルアン」は現在3代目が経営する老舗です。豚骨スープは毎日新しく仕込み、約2時間かけて煮込んでいるそう。お客さんはタイ人と外国人が半々くらいの割合で、日本語で書かれたメニューもわかりやすく、初心者でも安心。隣に兄弟が経営する同じメニューのお店がありますが、他に支店はありません。
SHOP DATA
TEL:02-258-6746
住所:Soi 26, Sukhumvit Rd
営業時間:8:30-17:00
定休日:なし

セーウ



店主によると4時間煮込んだ豚骨スープの味の秘訣は〝心〟。口に入れると優しく身体に沁みわたる、飽きのこない味です。具の団子は、魚のすり身、 海老、豆腐など数種類から選べます。サイズはS(50B) ・ M(60B) ・ L(70B)の3種類。 Sサイズを味違いで2種類注文するお客さんも多いようです 。

おすすめの麺はセンヤイ
(50B/Sサイズ)
昼時を過ぎてもひっきりなしにお客さんが訪れる、創業 38年の人気店。3代目の店主は、「セーウ」(タイ語で冗談)の店名の通り、ジョークを交えながら調理の手を止 めずに取材に応じてくれました。初代はソイ49店を開いた後、トンロー駅近くなどに店舗を増やし、今では計6店を親族が経営しています。バミーの汁なしトムヤムもおすすめとのことなので、クイッティアオと併せてどうぞ。
SHOP DATA
TEL:091-780-5604
住所:Soi 49, Sukhumvit Rd.
営業時間:8:30-15:30
定休日:不定休

ワッタナーパーニット



麺が浸る程度に注がれたスープは旨味があり、 日本人好みの味。こだわりの味付けなので、まずは調味料を足さずに食べ てみて。具はよく煮込まれた牛肉やモツがたっぷりと載っていて、特にギュ ッと詰まった牛肉団子は格別の美味しさ。量が控え目なので別メニューを併せて頼んでもよいかも。

おすすめの麺はセンミー(100B)
初代が移動式屋台で創業して以来55年、タイ語で“豊富”を意 味する「ルンルアン」は現在3代目が経営する老舗です。豚骨 スープは毎日新しく仕込み、約2時間かけて煮込んでいるそう。 お客さんはタイ人と外国人が半々くらいの割合で、日本語で書か れたメニューもわかりやすく、初心者でも安心。隣に兄弟が経営 する同じメニューのお店がありますが、他に支店はありません。
SHOP DATA
TEL:02-258-6746
住所:Soi 26, Sukhumvit Rd
営業時間:8:30-17:00
定休日:毎月最終月曜

CURRENT PROMOTIONS

SEE MORE

RECOMMEND

と暮らす6号 2020年3月15日発行

BLOG CATEGORY

POPULAR POSTS