バンコク暮らしに役立つ!
カフェ、ランチ、雑貨、美容院、生活情報満載

特集バックナンバー

トンロー在住の小説家 ウティット・ヘーマムーン

タイ人小説家 ウティット・ヘーマムーンさんに、2019年日本で出版された新著『プラータナー憑依のポートレート』について伺いました。

Uthis Haemamool
1975年 サラブリー県生まれ。
2009年に長編小説『ラップレー、ケンコーイ』で東南アジア文学賞を受賞。2017年に『プラータナー憑依のポートレート』を発表。岡田利規の脚本・演出で舞台化された。日本では2019年6月に翻訳本を出版。

―トンローに住んでどのくらいですか?

もう10年以上かな。以前はパタナカーンに住んでいました。

―トンローが好きですか?

ええ。賑やかなのはメイン通りだけで、ソイ(編集部注:小道)に入れば静かな住宅地だし、ソイの中には素敵なお店があります。日本人の親父さんが10年20年やっているような日本料理屋とかね。古くて落ち着くし、タイ人も全くいない(笑)。そういうところで静かに身を隠しているのが好きです。
スクンビット通りの特にトンローからアソークまではほかの地域とは少し違いますね。この辺りはメイン通りからソイに入ると穴だらけ。それらがすべて繋がっています。 長く住んでいれば、近道がたくさんあることを知っています。 これはこの場所の魅力だと思うし、本の執筆にも影響を及ぼしています。僕の本のプロット には、ディテールが細かく書かれています。それはこういった場所や物理的な状態からきているのかもしれません。この場所で生まれるさまざまなディテールや特徴が、作品を生み出すのに大事なのです。構造だけでは不十分で、そこに命やディテール、息吹を入れてあげることが必要です。

―2019年、日本で『プラータナー憑依のポートレート』が翻訳・出版されましたが、このテーマについて書こうと思ったきっかけは?

当初書きたかったのは、あるアーティストの40年の人生です。年の間に3回ものクーデターが起こりました。40年という時間は政治の歴史でいえば非常に短いかもしれませんが、一人の人間の人生で3回もクーデターが起こることがあるのか、と。それは私たちが今生きているこの制度がどこか異常だということだし、人の人生が異常な制度の中にあるということを反映しているのだと思います。どうしてクーデターが繰り返されるのでしょうか。
一人のアーティストが成長する期間を、若い時から政治的な考え方が芽生え始める時、そしてアート作品の進歩なども含めて語りたかったのです。それらは全部繋がっています。また、性の話も多く含んでいますが、これは意図的に用いています。個人が求める愛や欲求を社会の愛や欲求の型に当てはめました。政治的には公衆の欲求ですね。性的な愛や欲求を「国」と「民衆」の間の関係を示すものとして使いました。愛し合う者の間にも、権力や抑圧、理解し合うための努力、駆け引きなど、さまざまな形の関係があります。これらの関係は共通するものですが、個人と公共という2つの視点に分けました。つまり個人的な愛と政治的支配制度への要求、その2つの視点を混ぜ合わせたのです。この国に起こった支配体制、それはさまざまな形を通して個人も支配するもので、そこに隠されている権力や意味に触れるようにしました。

―日本での評判は耳に入っていますか?

とても良いです。出版してすぐに、日本の評論家の方々が新聞に書評を書いてくれました。初版は3,000冊で、3か月で2,000冊以上売れたと聞いています。

―いとうせいこうさんが書評で「日本人読者に三島由紀夫を思い出させるだろうし、性と政治という根幹のテーマから大江健三郎作品の幾つかを想起する人もいるかもしれない」と書いています。実際、この二人の作家の影響を受けていますか?

二人の作品は読みますが、直接影響を受けているというほどではありません。三島由紀夫の作品は、血や肉にすっと入っていくようにきれいに物語を描いていきます。人間の心情に影響を及ぼす自然との比較の風景がとても顕著です。大江健三郎の作品は、他の作家のように美しさを語っているわけではありませんが、より血肉に届くというか、表現者としての強い感情が重視されています。こうした語り口の分類ができるくらい日本の作品をたくさん読んでいます。

―著書が日本語に翻訳され、日本人があなたの本を通じてタイのことを知るという状況が生まれています

書いている時には日本語に翻訳されるとは思っていませんでした。日本人が読めば、タイ政府が外国人に見せようとしているタイのイメージとは違う視点を持つと思います。それは、外国の人にとっては囚われていたイメージが消えるという意味で貴重な体験ではないでしょうか。例えば、ムエタイ、ソムタム、微笑みの国、これらは政府がタイを外国に売り出すためにイメージづけしたもの。もちろんそれは功を奏して、外国の人はタイのことをそういう国だと見ているし、タイの100%の姿だと考えているかもしれません。でも実際はもっと深刻です。ある国を知るための一番いい方法は、その国の作家が書いた文学作品を読むことです。その国の人の人生がはっきりと表れています。

―次はどんな作品に取り組んでいますか?

今はいろいろな美術展覧会をやっています。直近では、チャチューンサオ県で「話す:僕に声を荒げるな!」という展覧会がありました。タイの政治に関わる人々の顔を描くことで、この3月に行われた選挙から現在までのタイ政治の周辺風景を表現しました。そして、同時に新しい物語も書いています。



CURRENT PROMOTIONS

SEE MORE

RECOMMEND

と暮らす2号 2019年11月15日発行

BLOG CATEGORY

POPULAR POSTS