バンコク暮らしに役立つ!
カフェ、ランチ、雑貨、美容院、生活情報満載

おすすめのお店

エステサロン「ICHIRIN」の通い放題プランで
お得に健康美を手に入れよう

スクンビット・ソイ31のRSUタワー4階にオープンした「ICHIRIN」は「ダイエットと健康」をテーマにしたエステサロン。
血流を良くして身体の内側から体温を上げ、脂肪がつきにくい身体への変化を助けてくれます。


施術の際はカーテンで仕切られ、落ち着いた空間に
「タイではお尻まわりに脂肪がつきセルライトができている方がとても多いです」
とICHIRINディレクターの三浦さん。
ご存知のとおり、タイの室内はかなり冷房が強く効いています。
三浦さんによると、寒い場所で長時間過ごしていると、体内温度が下がって血行が悪くなり、セルライト(脂肪組織の変成により皮膚の表面に現れる凸凹)ができやすくなってしまうとのこと。
セルライトは女性の95%にあると言われていますが、自分でマッサージをして取り除くのは痛くて大変だそうです。

よりプライベート感を求める場合は、個室のVIPルームへ
ICHIRINのエステでは、まず身体を柔らかくしてから、脂肪を流し引き締める2段階のステップで痩身を叶えています。
最初のカウンセリングで身体の状態を確認し、最適なコースを選んでくれます。

身体が固い方にお勧めなのが「Cell Detoxコース(60分~:3,000B~)」。
吸引機器の「ヴィーナスライン」を使用し、温めながら身体をほぐします。
血行が良くなって筋肉と脂肪も柔らかくなり、老廃物が流れやすい身体になります。

そして柔らかくなった身体を引き締めるのに効果的なのが「Lipo Slimコース(60分~:3,000B~)」。
「ハイパーナイフ」を使って老廃物を流し、身体をスッキリさせます。
「ハイパーナイフ」は日本国内のエステでシェアNo.1のエステ機器ですが、このたび初めてタイに上陸しました。
血流を良くしながら老廃物を流し、痛い思いをせずにセルライトを取り除くことができます。
血行を良くすることで身体の凝りやむくみも解消する

ハイパーナイフは顔のシェイプアップにも役立つ
ディレクターの三浦さんは、日本で約10年間エステティシャンの講師を務め、化粧品開発に携わっていた経験もある美容のスペシャリスト。
ICHIRINでは三浦さんが開発し特許も取得した「パワーレメディ」もマッサージに使用しています。
木で作られたパワーレメディは手をイメージした形をしています。
女性の身体の丸みに沿った曲線が組み合わせてあるので、身体にフィットします。
施術の際は温めてから使用し、触れると木の自然な柔らかさのある質感にホッとします。

パワーレメディは身体に沿った形で、無理なくマッサージできる
エステというと女性向けのイメージですが、ICHIRINでは男性のお客さんも歓迎しています。
運動と組み合わせると効果が高まるため、ゴルフをしており筋肉の可動域を広げたい、という方にも適しているそうです。
もちろん女性の方も、フィットネス帰りに通うと相乗効果でとても良いそう。

一度の施術で効果が持続するのは3日間。
もちろん、生活習慣を改善することで維持できますが、より効果を高めたい場合は3日おきに通うのが理想的だそうです。
そこでお勧めなのが「バイキングコース」。
定額で1か月間通い放題のプランです。
例えば60分の施術のバイキングコースは12,000バーツ。
通常は60分3,000バーツなので、5回通えば元がとれるお得なプランです。
1か月につき先着30名までの限定プランなので、気になる方はお早目にお申込みください!

ICHIRINでは他にも、美白パックも行っています。
紫外線を浴びると体内に活性酸素が発生し、肌にシミができやすくなります。
そこで肌にパックをすることによって活性酸素を取り除き、シミの発生を防ぐそうです。
その名も「水素パック」。
最近人気が高まっているそうです。

施術時に粉末を溶かしパックを作るのでフレッシュ 内側から健康的に綺麗になりたい!という方は、ぜひICHIRINで相談してみてください。

【MENU】
ボディ
Cell Detox コース(60分~):3,000B~
Lipo Slimコース(60分~):3,000B~
フェイシャル
Steam Cell Lift-Up(60分~):2,500B~
【初回おためし】
ボディ(60分):1,500B
フェイシャル(60分):1,500B

ICHIRIN
TEL:065-226-9394
住所:4F RSU Tower, Soi 31, Sukhumvit Rd.
営業時間:10:00-20:00 休み:なし
地図はこちらから


CURRENT PROMOTIONS

SEE MORE

RECOMMEND

と暮らす2号 2019年11月15日発行

BLOG CATEGORY

POPULAR POSTS